吹田市立高齢者生きがい活動センター

高齢者の生きがいづくり、健康づくりの支援や情報提供を目的とするウェブサイトです。

トップにもどる

お問い合わせ06-6155-2155 吹田市津雲台12-1(千里ニュータウンプラザ5階)

高齢者生きがい活動センターの様子

■自家焙煎コーヒー講座、始まりました!

2月15日より、コーヒー講座がスタートしました。毎回、コーヒーにまつわる講義を聴き、実習として生のコーヒー豆を炒って粉に挽いて飲みます。

第一回目は自分で炒ったコーヒーと、市販されているコーヒーとを同じようにドリップして飲み比べました。お気に入りのコーヒーカップを手に 一口・・・ここで多くの方が「おいしい!」、と目を輝かせて自分の炒った豆を見ながらおっしゃったのが印象的でした。

写真が若干白っぽいのは、焙煎した煙によるものです。最終回まで楽しみましょう!

 

 

■「サロンdeマジック」~サロンにマジックがやってきた!

2月18日(月)午後、交流サロンで、阪大奇術同好会の皆さんがマジックを披露してくださいました。

この日は朝から雨で少し肌寒く、センター職員もハラハラ。
ところが、まだ早い時間から数人の方がお越しになって・・・開催時間にはサロンはすっかり満席状態に!


4人の学生マジシャンが、それぞれの個性で見せてくれるネタの数々、みなさんは見破ることができましたか?


外はまだ寒い雨が降っていましたが、サロンではポカポカと温かい笑顔があふれていました。
今後も交流サロンでいろんな企画を考えていきたいと思いますので、今後ともご期待ください。

 

 

■<センター主催講座>脳いきいき講座アートクラフト「はじめての絵てがみ」開催しました

1月29日、センターで「はじめての絵手紙」講座が開催されました。「絵心がなくて、恥ずかしいわ」とおっしゃる方も多かったのですが、本来は「お手紙」。身近な道具で気負わない姿勢を大切に時間を過ごしました。出来上がった作品はどれも、その人が持つチューリップへの想いや、それにまつわる思い出があふれる作品ばかり。
上手に絵を描くことより、気持ちを伝えることの楽しみを今後も続けていただけたら、と思います。

■センターからの夕日がきれいです。

年末年始からの冷え込みで、センターのお越しの皆さんとのご挨拶はもっぱら「寒いですね~」でした。しかし少しずつお日様の明るさを感じるようになりました。センターから見える夕日もこんなに温かな色。利用者の方々と交わす言葉もとっても温かです。